夏風邪

夏風邪の原因となるウイルスは、そのほとんどがお腹の中で増殖するため、体外に排出されるまで時間がかかり、治りにくいという特徴があります。また、夏風邪のウイルスに対する有効な治療薬がなく、細菌でしか抗生物質が効かないのも、長引く理由のひとつと考えられています。夏は暑さや食欲不振などから体力や免疫力が落ちやすいという理由もあるでしょう。改善させるには症状を緩和させる対処療法を行うしかないので、少しずつ免疫力をつけて自然に治るのを待つしかないのが現状です。

夏風邪を治す方法

治りにくい夏風邪ですが、それでもできるだけ早く改善させるにはどうすればよいでしょうか?一刻も早くつらい症状から回復するためには、とにかく体力や免疫力をつけることが大切です。とはいえ、のどが腫れて痛い、高熱で苦しい、お腹の調子が悪いという状態で、スタミナ満点の食事をしろといっても無理な話です。

まずは、今の状態よりも体力を消耗させないよう、睡眠を十分にとって体をしっかり休ませましょう。また、風邪だからエアコンはよくないのでは?と思いがちですが、寝苦しさにより眠れないことの方が問題です。冬の風邪のように汗をかかせて熱を下げようとするのも、脱水症状を招く危険があるのでよくありません。エアコンは冷やし過ぎないよう温度を高めに設定し、タイマーなどを活用しながら室温を快適に保つよう心がけましょう。

食事は、おかゆやうどん、ゼリー、豆腐など、柔らかくのどへの刺激が少ないものにしましょう。下痢などを起こしていない場合に限り、冷たさがのどの痛みを緩和させるという点と栄養面から、アイスクリームもおすすめです。ただし、冷たい食べ物は体を冷やしますので、大量に食べないよう注意しましょう。

脱水症状を避けるために、水分補給もしっかり行いましょう。氷入りやキンキンに冷えた飲み物、ジュースはなるべく避け、常温のミネラルウォーターやスポーツドリンク、経口補水液を飲みましょう。食事や水分補給が困難なほど症状がひどい場合は、点滴による治療もありますので、無理をせずかかりつけのドクターに相談してください。

また、高熱で体がツラい、咳が止まらなくて苦しいなどの症状を和らげるために、総合感冒薬や解熱鎮痛剤などを服用するのもひとつの方法です。ツラい症状を和らげるのは体力の温存にもつながるので、ぜひ活用してください。ただし、下痢の症状は止めない方が賢明です。夏風邪による下痢は、原因となるウイルスや細菌を体外に排出しようとして起こるためです。薬で無理に止めると回復が遅れてしまうので、どうしても我慢できないとき以外は使用を控えましょう。下痢により体力の消耗が激しい場合は、使用した方が回復を早めることもあるので、症状の重さによって判断してください。

前のページにに戻る⇒クリック!